月刊寫眞雑誌「寫眞サロン」(1934年)

販売価格 2,000円(内税)
購入数

昭和9年4月号。玄光社社発行の月刊誌。代表者は北原正雄(アルス社から独立・北原白秋の従兄弟)。定価50銭。
戦前を代表する写真・カメラ雑誌です。鳥取に美術館をもつ植田正治など、日本を代表する著名な写真家も無名時代に投稿し、入選を重ねました。装丁も中の一色刷りの広告も美しく、時代のセンスを感じます。
表紙は経年のシミ、ヤケ、汚れがあります。背にハガレ等いたみあり。本文にヤケ、数ページにペンと鉛筆によるラインがあります。全体的には経年を考慮すると、まずまず美品だと思います。

全116ページ
19×25.5cm

Your recent history